まるみ衣裳店
北見、網走、紋別、根室、中標津、帯広、釧路、旭川での結婚式成人式卒業式等の貸衣装のレンタルはぜひ当店にお任せ下さい。
Home > 衣裳 > はなよめ衣裳 > 白無垢
白無垢

白無垢とは

花嫁の婚礼衣裳として長い歴史を誇る打掛。なかでも白無垢は打掛から掛下、帯、小物までを全て白一色に統一し、角隠しまたは綿帽子を被ります。白無垢はよく「嫁ぎ先の家風に合わせてどんな色にも染まります」といった意味があるといわれますが、どうもそれは俗説のようです。本来の意味は神様の前で結婚を誓うとき、無垢な心で祈る花嫁には白い衣裳が一番ふさわしいから、というのが白無垢の本来の意味のようです。最近はウェディングドレスでチャペル挙式が一般的になりましたが、清楚で厳粛な感じの白無垢に憧れる方も多く、根強い人気があり、写真だけでも白無垢を残しておきたいと希望される方も多いです。北海道でもホテルや結婚式場での挙式が普通になりました。しかし地方によっては、花嫁は結婚式の日には自宅で白無垢に着替え、家族の方々やご近所の皆様に見送られて神社に赴く風景が見られます。

綿帽子、角隠し、かつら

花よめのかぶり物には綿帽子と角隠しがあります。綿帽子は袷仕立ての白絹を袋状に仕立てたものです。暑い季節には涼しげな生地で仕立てたものも使用されます。角隠しも袷仕立ての長方形の白絹を髪に留られるようにしたものです。どちらを使用するかはお好み次第で自由に選ぶ事が出来ます。重い、痛いなどのイメージを抱きがちなかつらですが、頭にあったものなら心配無用です。かつら合わせの時少しでも違和感があれば、遠慮なく申し出てください。髪の毛の量やヘアースタイルによってもかつらのサイズは微妙に変化します。ヘアーカットやパーマはかつら合わせの前に済ませておきましょう。

綿帽子
角隠し
角隠し